クリニック紹介

お知らせ

子宮頸がんワクチンを接種しましょう

近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)は、性的接触のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。感染予防のため、性的にアクティブになる前にワクチンを接種することが重要です。


子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)接種の積極的勧奨が再開されました。

小学校6年~高校1年相当の女子は公費で接種可能です。


ご予約はお電話にて受け付けております。ご希望の方はご相談ください。



【キャッチアップ接種も行っています】

平成9年度~平成17年度生まれまで(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の女性の中で、通常のHPVワクチンの定期接種の対象年齢の間に接種を逃した方へ、改めてHPVワクチンの接種の機会をご提供しています。


[対象者]

・平成9年度生まれ~平成17年度生まれ(誕生日が1997年4月2日~2006年4月1日)の女性

・過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない


接種の対象に該当する方は、令和4(2022)年4月~令和7(2025)年3月の3年間、HPVワクチンを公費で接種できます。